日清丸紅飼料のお役立ちブログ

とうもろこしってどうやってできるの?

投稿日:2017年06月06日

カテゴリ:原料

キーワード:とうもろこし アメリカ 原料


皆さん、こんにちは。

夏が近づいてくることを実感するような
気候が続いております今日この頃、
皆様どうお過ごしでしょうか。

暖かく...いや暑くなって参りまして外出する機会も増えることと思います。
今週末は外でバーベキュー!!
なんて方もいらっしゃるのでないでしょうか。
その際は是非国産のお肉、お魚をご賞味ください!!

バーベキュー.jpg

皆さんはこの時期と言えば何を思い浮かべるでしょうか?
「季節の花を見にピクニック」、
「プロ野球セパ交流戦」、
「ビールがおいしい季節」etc...

そんな楽しそうな声が聞こえてきそうですが、
私たち飼料会社にとっては

「とうもろこしの作付開始」

メイズ作付け(丸紅掲載許可).bmp


と、これからの一年の飼料価格を占う大切な時期となります。
そんなことで本日はとうもろこしの生育について触れてみたいと思います。

以前当ブロクでも書かせて頂きましたが、
とうもろこしの主産地はアメリカです。
アメリカの農家の方は、相場や種子の価格を見ながら冬頃から
2月頃までに何を植えるかを決めていきます。

雪解け後の2月~3月にかけ農地を耕し、
いよいよ4月から作付開始となります。

この時重要なことが土壌水分と気温です。
土壌が乾燥しておりますと発芽が遅れ、
今後の生育に悪影響を及ぼす可能性がでてきます。

アメリカでは、
Rain makes Grain
という言葉があるくらい、雨(水分)は作物の生育にとって
大変重要な要素です。

雨.png

作付が順調に進捗していくと、6月上旬

「イヤー」 (実になる部分)

を形成し急速に生長し始めます。
そして6月中旬頃

「タッセル」 (雄しべ)

を確認できるようになり、
6月下旬~7月中旬に掛け、イヤーから

「シルク」 (雌しべ、いわゆるとうもろこしのひげの部分)

が伸び受粉が始まります。

絹穂捻出期.png
<実の上部にある白い糸のようなものがシルクです。>

そして9月上旬ごろに皆さんの想像するとうもろこしが実り始めます。

雄穂捻出期.png
<少し見づらいですがとうもろこしの上部から
 生えている穂がタッセルです>

収穫まであとちょっとですね!
ここから徐々に粒は大きく固くなりはじめ
10月上旬に成熟となります。

ですが、ここでもまだ収穫いたしません。


成熟したばかりのとうもろこしは含水量が多いため、
このまま収穫すると保管中に品質の劣化が進んでしまいます。

糊熱期.png
<成熟したとうもろこし。もう皆さんも見慣れた形ですね。>

2~3週間の乾燥期間を経て10月中下旬、ついに収穫となります。

完熟期②.JPG
<乾燥中のとうもろこし。収穫までもう少しです!>

このような期間を経て生育されるとうもろこしですが、
この間に異常気象が起きると収量が激減する可能性があります。

これからは天気予報と穀物相場を
にらめっこしながら仕事に臨まなければなりません。

ちなみにこれからの穀物相場は天気によって価格が動くため、
天候相場とよばれております。

なお、現在のアメリカのとうもろこし産地は、

例年に比べ、低温多雨となっており、
やや作付が遅れております。


土壌水分はしっかりあるのでここを乗り切れば、
まだまだ回復の余地がありますが、
これ以上雨が続くと作付をあきらめなければならない可能性もでてきます。

皆さん、てるてる坊主を作って天候の回復を祈りましょう!!

照る照る坊主.png

それでは、今年の秋、皆さんに豊作のご連絡ができることを願いつつ、
本日のブログを締めさせて頂きます。

ご一読頂きありがとうございました。

続きを読む

オムレツの日を祝う会

投稿日:2017年06月01日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:オムレツの日 オムレツの会 オムレツ月間


明日、6月2日は何の日だかご存知ですか?
正解は・・・

DSC_3563.JPG

オムレツの日!

2011年に日本記念日協会から正式に認定を受けました。
0602オムレツをかけていますよ~

オムレツの日 ロゴマーク.png

オムレツの提供に関わる企業や団体から成る

オムレツの会

という団体がありまして
鶏卵消費拡大を目的にさまざまな
活動を行っています。

当社もその会員で、
5月30日にオムレツの会が主催した
オムレツの日を祝う会に出席してきました。

場所は東京日本橋の老舗洋食店たいめいけん。
たんぽぽオムライスをご存知の方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

オムライス1.JPG

オムライス2.JPG

魔法のような手さばきで
あっと言う間にオムライスの完成。

しっとりしたチキンライスと
とろとろ~の卵の相性がたまりません!

あっと言う間に一皿を完食。
おかわりされる方もいらっしゃいました。

オムレツの会では、
栄養バランスが優れたたまごで愛情を包み込んだ料理である
オムレツを通じ、家族愛と健康を育む期間
として6月をオムレツ月間と定めています。

オムレツ月間 ロゴマーク.png

鶏卵は手ごろな価格で栄養価に優れています。
オムレツを食べて体力をつけて
蒸し暑い季節を乗り切りましょう!

続きを読む

全国霜降り牛研究会を開催しました

投稿日:2017年05月26日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:全国霜降り牛研究会 枝肉共励会


5月25日、品川の東京都中央卸売市場食肉市場にて
第14回全国霜降り
牛研究会の枝肉研究会を開催しました。

霜降り研 帽子2.jpg

この枝肉研究会は全国の会員様が手塩にかけて
育てた肉牛を
出荷し、
その出来栄えを競うものです。

今回は和牛89頭、交雑牛37頭、
合計126頭の牛が出品されました。

霜降り研 枝肉.jpg

枝肉を見るまなざしは真剣そのもの。

冷蔵庫内は床が凍り、冷風が吹き付け
体感温度がマイナスの中、
みなさんじっくり見ています。

セリ場2.jpg

いよいよセリが始まりました。
次々に流れる枝肉。

営業担当はお客様の枝肉に
いくらの値がつくのか緊張の一瞬です。

今回の枝肉研究会では

和牛の上物率は 約9割!


全国平均と比べると高い割合で
優秀な成績を収めることができました。

懇親会.JPG

枝肉研究会の前日には会員様を対象に
講演会と懇親会が行われました。

和牛のロースとビーフ.jpg

全国霜降り牛研究会の
会員の方が生産された
和牛で作ったローストビーフ。

見事なサシ(脂肪交雑)で、
とろけるような味わいは
ここでしかいただけない貴重なローストビーフです。

全国霜降り牛研究会は肉牛生産者のみなさまの飼育管理技術向上、
広範囲な会員様との情報交換を目的に
これからも活動していきます。

トロフィー.jpg

続きを読む

チチハル(中国黒龍江省)滞在記 その3

投稿日:2017年05月24日

カテゴリ:海外事業

キーワード:チチハル 柳絮


みなさんこんにちは!

中国黒竜江省のチチハルではついに永い冬が明け、
若い緑が朝風に乗せられ、春の香りを運んできております。

今月、チチハル空港に降り立った際に、ある風景に気を取られました。
空から粉雪のようなものが舞い降りているではありませんか!



実はこの白い綿毛、柳やポプラの種子だそうです。

中国ではこの綿毛を

「柳絮」りゅうじょ

といいます。春になると一斉に開花し、

この「柳絮」が降り注ぎ、一面真っ白になります。

(ちなみに「柳絮」には、ふわふわと風に流されるままに飛んでいく様から、
「移り気である事」「情が定まらない事」という意味があるそうです。)



そんな叙情的な「柳絮」ですが、
1つやっかいな点があるそうです。

非常に軽いので地面に落ちた後も風が吹けば、
また舞い上がるのですが、その時地面の埃などがくっつくせいで、

人によっては酷いアレルギーを引き起こすのだとか。
花粉症の方々はご注意を!!

続きを読む

「省エネ」って!?工場のちょっとした話

投稿日:2017年05月09日

カテゴリ:工場関係

キーワード:エネルギー エネルギー監理システム 省エネ EMS 電力 電気 見える化 見せる化 工場


皆さん、こんにちは。
GWはどのように過ごされましたでしょうか?

地元に帰省された方や旅行された方など
それぞれの休日を満喫されたことでしょう!

私はそのどちらでもなく......
趣味のサイクリングを少々楽しんだ後
風邪を引いてしまいました。

寒暖差もあったとは思いますが
休暇で気が緩んだようです......

0000.png


5月5日に立夏を迎え
暦上では夏のはじまりとなっています。

これからどんどん暑くなり
エアコンの稼働も上がるのではないでしょうか?

最近では省エネタイプのエアコンが普及しているようですが
皆さんは、ご家庭の

 「省エネ」

を気にしたことはありますか?
ちなみに工場では

エネルギー監理システム(EMS)

を導入しています。これは
電力使用量を可視化(見える化)して
どこでどのくらいのエネルギーが使用されているかを把握できます。

これにより機械、作業での無駄なエネルギー洗い出し
省くことで、「省エネ」を推進するものです。

電力監視画面.JPG電力監視画面②.JPG

また最近では

 「可視化(見える化)」
  に加え
 「管理(見せる化)」

に重点を置いています。

これはエネルギー量を把握するだけではなく、
生産量や時間などの
単位あたりのエネルギー量
を管理するものです。

これにより
銘柄毎や機械毎のエネルギー量
を比較することができ
より細かな分析が可能になります。

工場全体では

年間数億円の水光熱費

が発生しています。

「省エネ」工場の永遠の課題ですが
近道はありません。


ご家庭と一緒でこまめに電灯を消すなどの
日々の小さな努力の積み重ねが
大きな結果を生みます。

続きを読む

チチハル(中国黒龍江省)滞在記 その2

投稿日:2017年04月27日

カテゴリ:海外事業

キーワード:チチハル 天道虫


みなさんこんにちは!

行く春が惜しまれる今日この頃ではございますが、
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか?

中国黒龍江省のチチハルは最高気温13℃、最低気温2℃と
やっと春めいてまいりました。

牛 チチハル.jpg


ウシたちも心なしか気持ちよさそうですね!

そんなチチハルの春も、良いことばかりではありません、、、
暖かくなると出てくるもの、、、

そう、虫です!

「田舎の虫はやっかい」
これは良く聞きますよね?

しかし私も出身は田舎、、、。
どんな虫でもかかってこい!・・・そんな気持ちで出張に挑みました。

その結果、写真掲載できないほどに
さされまくってしまいました。

かゆいです・・・

じっとしていられないくらい、かゆいです・・・

完全になめておりました、、、
まさかこんな事になろうとは、、、
恐るべし、中国!!!笑

現地の人に聞いたところ、犯人はどうやらこいつのようです。

天道虫!

天道虫.jpg


チチハルの天道虫は独特で、人を噛むらしいです。
特に秋に大量発生し、現地の人も迷惑しているのだとか。

皆さんもチチハルへお越しの際は天道虫対策をお忘れ無く!!

続きを読む

養殖魚にもある季節モノ

投稿日:2017年04月24日

カテゴリ:水産飼料事業

キーワード:カルパッチョ ギンザケ サケ 養殖.季節


こんにちは!

4月もいつの間にか下旬ですね。
私は暖かい時期が好きなので、うきうきします!

食べ物には色々な「旬」があり、
ある時期にしか食べられないものがありますが、
日本の養殖にも

季節モノ

があります。
たとえば、今のシーズンでは、

生の「ギンザケ」

が季節モノとして出回っています!

IMG_2857.JPG
チリ産の冷凍ギンザケ(特に塩蔵品)は年中出回っていますが、

日本で養殖された生のギンザケは
今の時期しか購入できません !

日本では12月~1に孵化した魚が
1年間、山間の養魚場で養殖され、
翌年の11に海へ移動し約半年で養殖・出荷されます。

日本の海は、秋~春の水温帯がギンザケの養殖に適しています。
そのため、

37月頃は生のギンザケが出回っている

のです。
さて、ギンザケの食べ方ですが、塩焼きやムニエル、
刺身やお寿司でも食べられます。

余談ですが、日本で出回っている刺身は主に、
海外で養殖された、タイセイヨウサケ、ニジマス等や
国内養殖のニジマス、ギンザケ等が多いです。

天然ものはアニサキス等の寄生虫が入っている恐れがあるため、
冷凍処理されたものが出回ります。


カルパッチョ.jpg
私もスーパーで買った生のギンザケを使って、

カルパッチョ

を作ってみました!
新玉ねぎとの相性も良く、とてもおいしかったです!

季節モノ、おいしいものを食べて日々頑張っていきましょう!

続きを読む

枝肉共励会と肉質等級について

投稿日:2017年04月11日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:サシ BMS 牛 全国霜降り牛 共励会


みなさまこんにちは!!

鹿児島は日ごとに暖かくなり、この前お客さんの農場で
「つくし」を見つけました!!



いや~春ですね~(*´∀`*)
さて表題にある


「枝肉共励会」


枝肉共励会!?ってなんだ?

と思う人が多いと思いますが、
枝肉共励会とは、

 『肉牛農家様達が丹精込めて育て上げた牛さん達を、
  日頃の成果の集大成として出荷し、
  専門家による審査等技術的な勉強を行うため開催される、品評会』

です。

簡単にいうと、

肉牛業界のオリンピック

みたいなものです!!
当社も、飼育管理技術向上と有益な情報交換とのを目的として、
全国のユーザー様を集めた共励会、

「全国霜降り牛研究会」

を毎年5月に東京で行っております。

より良い枝肉を作るために、
当社ユーザーの皆様方は1日も休まず努力していらっしゃいます。

全国のライバルに引けをとらない枝肉を作るため、
私たちが手助けしています。
5月が楽しみです!!



↑ 前回の

「全国霜降り牛研究会」 最優秀賞 pict07_03.png

の枝肉です。美味しそう(^q^*)

この霜降り牛研究会で賞を決めるのですが、
最優秀賞になる牛はもちろん「A-5」ランクです!!

みなさん高くて美味しいお肉は、
和牛のA-5のお肉と思っている人が多いと思います。

実はA-5のなかにもランクがあって、

「BMS(ビーエムエス)=サシ」

という評価が、
8~12番まであるんです。

知ってましたか?!

ん? BMS? 8~12番??
何( ̄ー ̄?)わけわからん

そう、このことは、あの「今でしょ!!」で有名な、
物知りH先生も初耳だった情報です。

サシの基準は、

BMS(ビーフ・マーブリング・スタンダート)

で判定され、1等級~5等級まであり、
等級の中でもBMSNoが決められています。




上記写真①の部分を専門の方が、
評価判定して決定されるんです!

写真は勿論A-5ランクBMSNo12の最高級!!

などと言っておりますが、「おいしさ」の評価は人それぞれ。
色々なお肉を食べ比べてみて下さい!!

4月もはじまり新生活!!花見にGW!!
毎日牛肉を食べてテンションアゲアゲで行きましょう!!

続きを読む

新製品「ぶたプリン」のご紹介

投稿日:2017年04月05日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:ぶたプリン 離乳 食いつき改善 餌付け 水分補給


みなさんこんにちは!
今回は当社の新製品「ぶたプリン」のご紹介をさせて頂きます。

ぶたプリン0.png


水と混合するとプリン状に固まる、
哺乳期や離乳前後の子豚向けの製品です。

ぶたプリン1.jpg


『ぶ
たプリンの特長』

①哺乳期や離乳前後の子豚の嗜好性が優れ、
 固形飼料の食下量の立ち上がりをサポートします。
②大量の水を必要とする子豚への水分補給効果が期待できます。
③子豚の迅速なエネルギー吸収のため、中鎖脂肪酸を使用しています。
 子豚の腸管発達や健康性を考慮し、イチョウ葉抽出物、
 ハーブ精油、タウリンを配合しています。


『プリンの作り方』
①ぶたプリンに対し4~6倍量の水を混合して下さい。
 ダマを防ぐため、バケツに水を入れて
 その上からぶたプリンを入れ混合して下さい。

ぶたプリン2.jpg ぶたプリン3.jpg

②混合後静置すると、5~10分間で固まります。

ぶたプリン4.png

③作ったプリンは、その日のうちに使い切って下さい。

ぶたプリン5.png ぶたプリン6.png

『給与期間および給与量』


給与量の目安
10日齢    10g (ぶたプリン+水で 40~80g)/頭
14日齢以降  20g (ぶたプリン+水で 80~120g)/頭

固形飼料との併用をお勧めします。

10日齢から給与することで
餌付け用飼料の食いつき改善が、

離乳3日前から3日後まで給与することで
離乳時の水分補給
人工乳の摂食行動促進
が期待できます。

摂食が不十分な子豚にも好適です。

『お問い合わせ』
 お近くの当社畜産営業部までご連絡下さい
 北海道支店畜産営業部 TEL:0134-34-2363
 東北支店畜産営業部 TEL:022-217-9766
 関東支店畜産営業部 TEL:0299-92-4981
 中部支店畜産営業部 TEL:0566-42-2821
 西部支店畜産営業部 TEL:086-444-8121
 北九州支店畜産営業部 TEL:092-433-8210
 南九州支店畜産営業部 TEL:099-269-1661

続きを読む

チチハル(中国黒龍江省)滞在記 ~その1~

投稿日:2017年03月29日

カテゴリ:海外事業

キーワード:チチハル ヒマワリの種 桜 中国


みなさんこんにちは!
日本はそろそろ桜の開花時期 桜.pngのサムネイル画像のサムネイル画像 を迎えている頃でしょうか?
私は今、中国黒龍江省チチハルにある元盛集団の農場に来ています。
チチハルがどこだかわかりますか?

グーグル画像.png

ちょうど日本の最北端と同じくらいの緯度に位置しています。
お察しの通り、冬は寒いときで

-20℃

まで下がります。

逆に、春や夏は非常に暖かく快適です顔.pngのサムネイル画像
北海道に似ていますね!

湿度が低く、非常に空気が澄んでいるので
夜はとても綺麗な星空を眺めることが出来ます 星2.png

そんな素敵なチチハルですが、少し変わった文化があります。


おやつにはタネ ビックリマーク.pngのサムネイル画像のサムネイル画像

滞在場所の近くのスーパーに行ってみると、
いろんな種類のタネが置いてありました。

ひまわり.jpg

ちなみにこれはヒマワリの種です。

『家庭菜園でもはやってるのか?』

と思い、現地の人に聞いてみました。
すると彼は、

『おやつに食べるんだよ!』

と目の前で実践してくれました。

前歯の隙間で上手にタネを割り、実だけを食べていました。
チチハルの人は、このようにして日常的に食べているせいで、
すきっ歯の人が多いんだとか。


たばこを勧める人は紳士 ビックリマーク.pngのサムネイル画像のサムネイル画像

中国では

自分がタバコを吸うときは人に勧めて、皆で吸う

というマナーがあります。
(もちろん禁煙者の方は断ってOK!)
自分ひとりだけで吸うのは、失礼、、、

皆で吸おう!

という考え方だそうです。

なので、営業マンの方々はお客さんにあげても失礼のないよう、
あえて高いタバコを持ち歩いているとか!
紳士ですね!

元盛タバコ風景1.png

どうぞ~

もらったらお返しすることもマナー。
交替で吸うので、いつまでたっても吸い終わらないのが悩みだそうです。

昼寝 ビックリマーク.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

チチハルのお昼はまったり。
なぜかというと、昼食後に昼寝をする習慣があるからです。

昼過ぎは皆ウトウト、、、

チチハルでの食後のミーティングはやめた方がいいですね!
私もだんだんチチハルに慣れてきたせいか、お昼は眠くなるようになりました。

帰国の際は、時差ボケならぬ昼寝ボケに注意ですね!

それでは!




続きを読む

豚の体重測定

投稿日:2017年03月27日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:重量測定 豚 全頭計量


明日、健康診断です。本当はもっと早めに行くつもりだったのですが。

もう少し減量してから行こう

あれ、減ってない?
もうちょっと後にしよう

あれ、減ってない?
もうちょっと後にしよう
(以下ループ)

あっという間に年度末を迎えてしまいました。

ところで、先日のブログ
「豚は生後180日、およそ生体重量110kgで出荷されます」
と書きましたが、

生産者の皆さんは必ずしも出荷する豚の重量を、
全頭測定して出荷しているわけではありません。

IMG_1408.JPG

出荷豚を全く測定しないで見た目だけで判断される方、
一部を計量しほとんどは見た目で判断される方、
全頭計量される方と様々ですが・・

個人的にはやはり「全頭計量」をおすすめしたいと思っています。
(もちろん、相当な手間は覚悟しなければなりませんが)

生産者が豚を出荷して代金を受け取るのは
枝肉(頭、内臓、皮、蹄などを外した状態)
kg当たりいくらという単位になっており、
おおよそ生体重量の63~65%程度と言われています。

生体重量110kgの65%ならば枝肉重量約72kgになります。
となると、120kgならば約78kg、130kgならば約85kg。

大きくすればするほど良いのではと思いますが、
豚枝肉の取引には上・中・並といった規格があります。

例えば、重量だけの条件でみた場合、
上は枝肉重量65kg以上80kg以下と定められています。

格付けが上・中・並と落ちるにしたがって、
kg当たりの単価も下がっていきますので、

なるべく重量は大きくかつ上規格の範囲内で、
出荷することが生産者の腕ということになってきます。

なので、自社の農場で生体重量何kgが
最高の手取りとなるかの判断と、出荷豚選抜の為にも
生体重量測定は重要だと考えています。

mark_face_cry1.png それでは、私は自分の健康管理のため体重測定をしてまいります......

続きを読む

会社説明会を開催中です!

投稿日:2017年03月21日

カテゴリ:採用

キーワード:会社説明会


みなさんこんにちは ビックリマーク.pngのサムネイル画像 ビックリマーク.pngのサムネイル画像 ビックリマーク.pngのサムネイル画像
3月から就職活動が始まりました。
当社も会社説明会を行っています。

0.説明会会場.JPG
3月17日の説明会の様子。

理系、文系を問わず、学生のみなさんに
参加して良かったと思ってもらえるような
説明会にしていきます。

1.説明会入り口.JPG 3.説明会飼料.JPG

2.説明会テーブル.JPG

配合飼料に関心を持っていただいた方は
ぜひ「食卓の中の日清丸紅飼料」のページもご覧ください。
http://www.mn-feed.com/relationship/

これから東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、鹿児島で
順次、会社説明会を開催します。
学生のみなさんとお会いできるのを楽しみにしております 星マーク.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

続きを読む

内部監査の効用

投稿日:2017年02月28日

カテゴリ:ISO

キーワード:ISO22000 内部監査


皆様、こんにちは。早いもので2月も終わりですね。
節分もバレンタインデーも終わりました。
けれど、当社ではまだ終わっていない2月のイベントがあります。
そう、ISO監査です! 当社で現在進行中です! (^ - ^)

ひとくちに監査といっても、いくつか種類があるんです。
社外の専門家が監査するのが外部監査で、
社内の監査員に頑張ってもらうのが内部監査
内部監査の外部委託なんていうのもあるらしく、奥が深いです。

いま当社が取り組んでいるのは、内部監査
当社が認証を受けているISO22000とISO17025のうち、
当社の全部署が対象の、食品安全を目指すISO22000の
規格に則って実施中のものです。

 内部監査.jpg
監査報告書を読ませてもらうと、いろいろ書いてありますよ。
「会議で何度か実施をお願いしてきた点であるが・・」
 → 監査現場の緊張感が伝わります。

「今回は、当地区のすべての**部の方に監査に参加いただいた。
今後も多様な視点からの監査を心がけたい」

「ダンプ口上のLED照明の設置は、明るくなり搬入運転手からも好評である」
 → 現場一体で、ときに楽しんで改善にとり組む様子が分かり嬉しくなりますね。

ISOの導入時、PDCAサイクルの考え方をよく耳にしました。
Plan (計画)→Do(実行)→Check (検証)→Action (改善)
で継続的に自律的に業務改善して行こうという考え方ですね。

そんな改善のしくみを、組織の内側に構築してしまおう!というのが規格の
ひとつの肝(キモ)で、それでCheck ,Actionの一翼を担う監査も、
外部でなく内部監査なのだな・・・程度に思っていましたが、
なるほど、現場を見抜く内部監査員のチカラ、協力して改善に取り組むエネルギー。
もしかすると外部監査より優れている点があるのかも知れませんね。 ( ^ - ^ )

続きを読む

奥久慈しゃもを鳥つね自然洞で味わう

投稿日:2017年02月24日

カテゴリ:その他

キーワード:鳥つね自然洞 奥久慈しゃも


みなさまこんにちは。
やっと春の気配が感じられるようになりました 桜.png

先日、同僚とおいしい鳥料理が食べたい!という話になり
「鳥つね自然洞」さんに伺いました。
ここのお店はミシュランガイドの調査員がお勧めする
ビブグルマンにも掲載されているんです!!

鳥つね1 入り口.JPG

東京末広町で45年続く伝統あるお店。
暖簾をくぐると大将とスタッフの皆さんが暖かく迎えてくださいました。

ここでは当社飼料で育った「奥久慈しゃも」を食べることができます。
「奥久慈しゃも」は全国特種鶏(地鶏)味の品評会で
第1位に選ばれたこともある茨城県のブランド鶏で、
「鳥つね自然洞」さんでは165~180日齢のメスのみ使用しています。

鳥つね2 鳥わさ'.jpgのサムネイル画像

「奥久慈しゃも」の鳥わさ。
さっと湯引きしたささみは身質が滑らかで
臭みがまったくありません。
ただしこれは今晩限定の特別メニューです ハート.pngのサムネイル画像

鳥つね3 モモ焼き.JPG

「奥久慈しゃも」のモモの塩焼きは皮がパリパリ、
身からは肉汁があふれ絶妙の火加減 !
味付けは高知産の天日干しの塩のみで
お肉の味をしっかり味わうことができます。

そして、メインの鳥スープ炊をいただきます。
薄味のスープで軽めに火を通した「奥久慈しゃも」と
大将が厳選した白菜、千寿葱、原木栽培しいたけ。
だんだんと出汁が出てきて最後の雑炊はご飯一粒も残さず完食しました。

鳥つね4 肉盛り合わせ.JPG 鳥つね5 つくね.JPG

鳥つね6 鍋.JPG 鳥つね5 取り皿.JPG

おいしい鳥料理でお酒もすすみ、夜は更けていったのでした。

鳥つね7 日本酒.JPG

星マーク.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像星マーク.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像星マーク.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像ご紹介したお店星マーク.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像星マーク.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像星マーク.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

鳥つね自然洞
東京都千代田区外神田5-5-2
03-5818-3566

今回ご紹介できませんでしたが親子丼も有名です。
ランチ営業もされていますので是非お越しください。

続きを読む

ハーブ豚のテイスティング会を開催しました

投稿日:2017年02月15日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:テイスティング会 ハーブ豚


2月15日、ベジフルボディデザイナーの吉開友子先生に講師をお願いして
ハーブ豚のテイスティング会を開催しました。
吉開先生は豊かな人生を過ごすためには豊かな食生活が大切なこと、
その基本は家庭の食卓にあること、などをご自身の体験談を交えながら
分かりやすくお話下さいました。

食を選択する場面では女性が中心になることが多いため、
今回は食に携わる18名の女性をお招きしました。

講義の後には、ハーブ豚の特長である日持ちの良さや臭みが少ないことを
実際の写真や調理実演を通じて、参加者の皆様に確かめていただき
皆様納得されているご様子でした。

ハーブ豚盛り合わせ -ブログ用.JPG

皆様に見ていただいたハーブ豚盛り合わせ(バラ、ロース、モモ、ひき肉)。
脂が乗っていて肉色がきれいです。

ハーブ豚テイスティング料理 -ブログ用.JPGのサムネイル画像

吉開先生がこのイベントのために考えてくださったお料理。
左手前から時計回りに

  • 冷しゃぶ生き活きサラダ
  • スイーツ豚ダイヤモンド添え
  • 美食ロースちまき
  • しゃぶしゃぶ茶スープ
  • 愛しのLady j ハグ巻き とパン


ハーブ豚の良いところを余すところなく引き出してくださいました。
食のプロである参加者の皆様も笑顔でおいしいとおっしゃってくださり、
こちらも嬉しかったです顔.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

当社が一般消費者の方に向けたPRイベントを開催したのは
今回が初めてでしたが、参加者の皆様に
ハーブ豚の背景を知って頂く良い機会にできたと思います。

畜水産物を生産する人、料理する人、召し上がる人。
この輪を広げて行けるよう、これからも活動を続けていきます!

続きを読む