日清丸紅飼料のお役立ちブログ

厦門の交通事情 

投稿日:2017年02月14日

カテゴリ:海外事業

キーワード:


みなさんこんにちは!
前回に引き続き厦門島内の交通事情についてですが、
主にBRT・電動自転車を利用する人が多いのが特徴です。
BRTとは、BUS RAPID TRNSITのことで、
厦門島内にある高架の上を電車ではなくバスが走行しています バス.pngのサムネイル画像

厦門島内の料金は0.52元です。
現在1=16円なので、なんと8円~32円で乗ることができます。
高架路線になっているため、信号がなくスムーズに走行することができるため
渋滞に巻き込まれることもなく、大変便利です星マーク.pngのサムネイル画像のサムネイル画像

厦門出張の際に、BRTに乗車しました。
信号もないためスムーズに進行していますが、
日本に比べて運転が少々荒々しいので、
バスの手すりにつかまらなければケガをする危険性があると感じました。
乗車する機会がある方は、手すりにつかまることを是非お勧めします!

ちなみに、日本だとバスに乗車と思ったら、直ぐに乗ることができますが
BRTは違います!
乗車する前に危険物を所持していないか確認するためX線検査所を通ります。
この検査所ですが、テロ対策にもなるため日本でもあったらいいですね。

image.jpegのサムネイル画像IMG_1480.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

  





(左:BRT乗り場、右:X線検査所)

次にバスと同様に利用者が多いのが、電動自転車です。
電動自転車と聞けば、皆さんはモーターがペダルを漕ぐ手助けをしてくれる
電動アシスト自転車を連想されると思います。
しかし、中国の電動自転車はアシストなどという代物ではありません ビックリマーク.pngのサムネイル画像 ビックリマーク.pngのサムネイル画像

強力な電気モーターが付いており、時速50kmほど出ます。
ここまでスピードが出ると、日本ならば原動付自転車として
オートバイのような位置づけで登録と免許が必要となるところですが
ここ中国では免許は必要なく登録のみで乗ることができます。

厦門の街中には電動自転車に乗っている人が多く見受けられました。
自転車としても利用することができるので、歩道でも普通に乗っています。
結構なスピードで走っていますのでちょっと危ない感じです。

電動自転車.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像











(電動自転車)

また、ふと信号機に目をやると、中央部分にオレンジ色でHの文字が点灯しています。
こちらHandの頭文字のHで、人が手動で青信号・赤信号に変えていますよ
という、サインなんです。

手動信号の写真の日傘の下の人が信号の操作をしています。 
なぜ手動で動かしているのかというと、渋滞を緩和するためです。
実際に現地で見て、手動で信号を切り替えているところが驚きでしたビックリマーク.pngのサムネイル画像

トリミング2.jpg







(Hと書かれた信号)

手動信号.JPG









(緑色の傘の下の人が信号を変えている)

以上、厦門市内の交通事情について、いかがだったでしょうか。
やはり、日本から外へ出てみると、知らないことが多く、視野が広がりますね。
皆さんも一度、厦門に足を運んでみてはいかがでしょうか顔.pngのサムネイル画像

続きを読む

春節(チュンジエ)

投稿日:2017年01月31日

カテゴリ:海外事業

キーワード:厦門


明日から2月。
日本はもうすぐ節分ですね 節分.pngのサムネイル画像

当社駐在事務所がある中国・厦門(アモイ)は
今ちょうど春節、日本でいう旧正月です。

IMG_0137.JPG

中国では、この春節を盛大にお祝する習慣があります。
中国の今年の春節は1月27日(金)~2月2日(木)の7日間です。
春節に向けて徐々に街中が赤色に飾られ、ムードが高まってくるのが分かります。

1月27日が日本で言う『大晦日』であり、
この日の夜が花火や爆竹を鳴らして街中大騒ぎし一番盛り上がるようです。
また、春節の時期にちょうど花開く水仙が街のいたる所で販売され、
これを購入して家の中に飾る習慣もあります。

IMG_0140.JPG


この春節、中国だけでなく東南アジアや世界各地でもお祝いするそうで、
香港、台湾はもちろん韓国、北朝鮮、ベトナム、シンガポール、マレーシア、
インドネシア、ブルネイ、モンゴルでも休日となっているんですって。
しかも全世界で中国人、華人の大移動が発生するため
この時期の交通事情はかなりすごいこととなるようです。

春節というと、故郷へ帰るイメージがありますが
最近の春節では旅行も人気があるそうです。
厦門は春節国内旅行の10大人気スポットにもなっているようですが、
その理由は温暖な気候とコロンス島や南普陀寺など見所満載だから。
ということで厦門もきっと盛り上がっていることでしょうビックリマーク.png

IMG_0121.JPGのサムネイル画像IMG_0124.JPG

日本でも横浜や神戸、長崎の中華街では
春節をお祝いする多彩なイベントが開催されます。
中華街へ足を運んで、今年2回目のお正月気分を味わってみてはいかがでしょう 花火.png

さて。
その厦門は、中国の福建省南東部、九龍江の河口付近にある街で、人口は約370万人。
経済特区にも指定されている華南地方最大の港湾都市です。
台湾海峡を隔てて台湾と向かい合っています。
冬でも比較的暖かく、厦門港には「海上の楽園」と呼ばれる島が浮かび、
温暖なリゾート地としても知られていています。

厦門の街並みは歴史を感じる古い建物と近代的なビルが同居していて、
昔ながらのマーケットが残る一方で高層マンションも多いです。
厦門市は中国の中でも治安が良い所として有名で、特に厦門島内は非常に安全。
でも油断は禁物です。

PC190315.JPGPC190317.JPG


次回は厦門の交通事情についてご紹介しますバス.png
お楽しみに。

続きを読む

畜産動物の主原料、トウモロコシについてのあれこれ

投稿日:2017年01月13日

カテゴリ:原料

キーワード:原料


皆様、こんにちは!
ただ今、冬真っ最中。
北日本を中心に今季最も強い寒気が日本に流れ込んでいるとのこと。
外出する際は、しっかり着込んで、雪や氷に足を取られないように
足元には注意しなければなりませんね。

これだけ寒いと食欲がとまらない今日この頃。
米に始まり、肉、魚...お昼を食べたばかりなのにお腹が減ってきた気がする...

私達は普段、米やパン、麺類を主食とした食生活を送っていますが、
牛、豚、鶏などの動物たちは何を主食としているのでしょうか?

答えは、とうもろこしです。

メイズ畑①.jpg

とうもろこし、ファミレスに行ってハンバーグやステーキを頼んだ際、
肉の横にいる甘い味のするアイツです。

ただ、動物たちが食べるとうもろこしは、
私たちが口にするとうもろこし(スイートコーンという種類です)
とは違い、種皮が厚く硬いのが特徴です。
デントコーンと言いまして、'デント'つまり歯が名前の由来となっております。
言われてみれば歯の形に似てますね!こんな名前を聞くだけで硬いのが想像できます。

スイートコーン.jpg ←スイートコーン

デントコーン 2011.jpg ←こちらがデントコーン
(スイートコーンとデントコーン、見た目はほぼ一緒です)

このデントコーン、ほとんどがアメリカやブラジルからの輸入となっております。
では、アメリカでは年間どれくらい作られているのでしょうか。

20171月12日付けアメリカ農務省の発表では、2016年の作付面積は

94百万エーカー

うーんピンとこないですね。日本の単位に換算してみますと

38万㎢

日本の面積が37.8万㎢、なんと日本全土とほぼイコール!!

アメリカ恐るべしです。
そういえば、私が現地農家を訪問した際、あたり一面とうもろこし畑、
農家まで行く途中の道路の両脇もとうもろこし畑だけなんて
風景が広がっていたのを思い出しました。
このような広大な土地で作られたとうもろこしが36週間かけて日本に運ばれ、
動物たちのエサとなっております。

メイズ畑②.jpg

皆様もご家庭やレストランで肉を食べる際、
豆知識として披露してみてはいかがでしょうか。
ただ、その場に気まずい空気が流れても保証は致しませんので悪しからず!

それでは皆様、冒頭にも書きましたとおり寒い日が続いておりますので
体調を崩さないようご自愛くださいませ。

続きを読む

2017年 新年のごあいさつ

投稿日:2017年01月04日

カテゴリ:その他

キーワード:

yjimage.jpg

新年あけましておめでとうございます。
昨年に引き続き本年もご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

新しい年2017年を迎えましたが、会社設立が1957年ですので、
60年を迎える年度となります。

また本ホームページでもご紹介している、
ハーブ豚を始めとするハーブ村ブランドは今年20周年を迎えます。
そう考えると、本年は当社にとって節目の年でもあると思いますが、
これからまたひとつずつ新しい歴史を
創っていける会社でありたいと思います。

本ホームページはリニューアルしてまだ半年程度の
1年生ですが、皆様の
お役に立つ、
ある
いは興味を持っていただける情報を更新し続け、
愛されるホームページとなることを2017年の新年の
抱負とさせていただきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む

5S(エス)って!?工場のちょっとした話

投稿日:2016年12月20日

カテゴリ:工場関係

キーワード:工場 5S


皆さん、こんにちは。朝寒くて起きるのが辛い時期となりました。
我が家の暖房器具は、毎日フル稼働中!!
12月電気代が大変心配な今日この頃です...。

週末にふとした事から部屋の掃除をすることになり、
棚の奥底から何故買ったか分からないものが出てきたり、
予備品の予備があったりと...いかに無駄なお金を使っているか反省しています。

ところで皆さんは5S(エス)って知っていますか?
「整理」、「整頓」、「清掃」、「清潔」、「しつけ」
の頭文字をとったものなんですが、
製造現場でスローガンとして良く掲げられる言葉です。

 「整理」 ... 必要な物と不必要な物を区別し、不要な物を処分すること
 「整頓」 ... 必要な物が誰にでも、すぐに取り出せる状態にしておくこと
 「清掃」 ... ゴミ、汚れなしの状態のすること
 「清潔」 ... 整理・整頓・清潔を徹底し、清潔な職場環境を保つこと
 「しつけ」... 決められたことを、正しく実行できるように習慣づけること

う~ん、文字にするとすごく簡単で当たり前なことに思えますが、
一度きりなら簡単なんですが、継続していくことが意外と難しい5S。

一見掃除のことについて書かれているように思いますが、
5Sを実践することで職場が綺麗になることはもちろんのこと、
本当に必要なものがはっきりとし、製造効率も改善することができるんです!!

工具(永井さん撮影).png
 ↑工具の「整理」、「整頓」

6666.jpg
 ↑工場構内の「清掃」、「清潔」

当社工場では、常に5Sをスローガンを掲げ、
年末年始も工場一丸となって安全・安心な配合飼料を製造しますビックリマーク.png

続きを読む

ブリ?ハマチ?カンパチ?違いって何??

投稿日:2016年12月12日

カテゴリ:水産飼料事業

キーワード:カンパチ ハマチ ブリ


こんにちは!今年もいつの間にか12月ですね。
風も冷たくなっていよいよ冬も本番の気配です。
寒くなると温かいものが食べたくなりますね(^^)

さて、先日回転寿司に行ったときに、「ブリ」を食べました。
脂がのっていておいしい...!
でも、似たネタで「ハマチ」や「カンパチ」もあります。
え、何か違うの??

IMG_1556.JPG


ブリは出世魚と呼ばれていて、大きさによって名前が違います。
関西では主に、

モジャコ (10cmくらい)
ツバス  (30cm)
ハマチ  (50cm)
メジロ   (70cm)
ブリ    (1m)

と呼び名が変わり、関東では

モジャコ
イナダ
ワラサ
ブリ

と呼ばれています。
他地域でも色々な呼び方があるようです。
(ちなみに出世魚は他にもボラやスズキ等、色々います)

ただし正式和名は「ブリ」というので、
どのサイズ・どの名前のものも全部「ブリ」です。
寿司に並んでいる「ハマチ」も、「ブリ」なんです。

ちなみに「カンパチ」は、ブリ属で近縁な種類ですが違う種類です
一般的にはブリよりカンパチのほうが高級ですね(^^)
ブリに較べて脂に癖がないと言われていますが、
どちらがおいしいかは個人の好みで分かれるところです。

ちなみに、ブリの仲間(※)は日本の海水魚養殖の
60%近く(生産量当たり)を占めています。
回転寿司では養殖のブリが大活躍しています!
(※ブリの仲間:ブリ、カンパチ、ヒラマサなど)

無題.jpg

(盛り付けが適当ですみません・・・)

ブリ大根にブリしゃぶ、ブリの照り焼き等、
冬に食べたくなる料理がいっぱい。。。
あぁ、食べたくなってきた。

冬は蓄えの季節ですよー!
スーパーでお店で是非、ブリを買って寒い冬を乗り越えましょう!
今晩の夕食はブリしゃぶです星マーク.png

続きを読む

和牛の起源

投稿日:2016年11月29日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:口之島牛 和牛 日本在来種牛

皆様こんにちは!!

鹿児島は今日も良い天気!! 桜島もいつも以上に綺麗に見えます!!

桜島 - 縮小.jpeg

「東京都心では明治8年以降初の11月の積雪です。」というニュースを、

半袖短パンでテレビを見ながら冬の到来に怯えている今日この頃です。

さて、先日、仕事で沖縄のお客様の所を訪れた時に、

日本在来種牛の一つである「口之島牛」を見せて頂く機会がありました。

現在、残存している純粋な日本在来種牛は、

口之島牛」と「見島牛」の2種類だけです。

飼育頭数もわずかであり、見島牛は天然記念物に指定されている程です。

ところで、日本在来種牛ってなに???

口之島牛① - 縮小.jpeg ←口之島牛

口之島牛② - 縮小.jpeg ←口之島牛

現在、日本で飼育されている約380万頭の牛の約6割が肉用牛です。

肉用牛の中にも品種があり、「和牛」と呼ばれる、

   黒毛和種褐毛和種無角和種日本短角種

ホルスタインの母牛と和牛の父牛の掛け合わせの

   交雑種(F1)

ほかにも

   ホルスタインの雄牛

など、色々な品種の牛がいます。

いまや日本が世界に誇る「WAGYU」ですが、実は「和牛」とは、

あくまで牛の品種をあらわした言葉なので、

元々日本にいた牛を指す言葉ではないのです ビックリマーク.png


現在、「和牛」と呼ばれる黒毛和種、褐毛和種、無角和種、日本短角種は、

日本に元からいた牛=日本在来種牛(口之島牛見島牛)に、

外来種を交配、品種改良を重ねて出来た品種なんです。

知ってましたか?

私は恥ずかしながら、お客様に教えて頂くまで知りませんでした...。

和牛の起源を知った所で、ナイスタイミングで忘年会シーズン ビール.png

皆さんも美味しい牛肉を食べに行きましょう!!

牛肉① -縮小.jpeg

牛肉② - 縮小.jpeg

続きを読む

豚は一生に何kg食べる?

投稿日:2016年11月14日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:豚、食下量

みなさんこんにちは顔.png

関東では木枯らし一号、北海道では積雪ゆき.jpg

めっきり冷え込んでまいりました。

今日は豚の食事についてお話します。



この前、あったかいお鍋が食べたいなと思って白菜を買いに行きましたら、

4分の1カットで198円。

むむむ、今年は野菜が高い。


寒くなってくると食べる量が増えるのは動物も人間も同じです。

気温が下がってくると体温維持のためのエネルギーをより多く必要とします。

私の経験上ですが豚の場合、冬場は夏と比べて1割ほど多く飼料を食べるようです。

 水炊き .jpg

寒いから仕方ないという言い訳を胸に今日も

お腹一杯食べてしまったダイエット中の私です。

ごはん2杯・具だくさん水炊きを4杯は食べたと思います。 ご飯.jpg ご飯.jpg

重量にしたらどんなものでしょうか。

ごはん茶碗1杯で約150g、水炊きも同じだとすると。。。

150g×6杯=900g


調理で水分を倍くらい使っていたとすると。。。

900g×0.5=450gですか。

多いのか少ないか?

 DSC00588.JPG

我々が普段接する豚の場合だと生まれてから出荷までおよそ180日。

約110㎏で出荷されますが、その間でおおむね配合飼料を300kg食べます

出荷直前のピークの頃は一日3kgを超えます。

すごい ビックリマーク.png ビックリマーク.png ビックリマーク.png

我々人間と比べるとかなり大食いと言えるんじゃないでしょうか。

皆さんは普段自分がどれくらい食べているか意識したことはありますか?

カロリー計算はされている方も多いと思いますが、

重量で考えたことは少ないのでは。

少し意識して食事をすると面白いかもしれません。

私は明日からダイエット頑張りたいと思います走る.jpg ・ ・ ・ ・ ・

それでは皆様お寒い中でございます、ご自愛くださいませ。

続きを読む

全国霜降り牛研究会の活動ご紹介

投稿日:2016年11月01日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:全国霜降り牛研究会

皆さまこんにちは。

日清丸紅飼料は配合飼料を製造、販売する会社ですが、

飼料を購入してくださるお客様があってこそ成り立っている会社です。

ですのでお客様の経営に貢献するための活動も行っています。

今回はそのような取り組みの一つである全国霜降り牛研究会の

活動についてご紹介します。

全国霜降り牛研究会は肉牛生産者の飼育管理技術向上、

生産者から食肉流通業者も含めた広範囲な会員様との有益な情報交換の機会を

提供することを目的として20035月に発足しました。

縦看板.JPG

また、霜降り牛研究会は生産者による肉牛の品質向上のための

切磋琢磨する集まりでもあります。

毎年春に全国の会員様からその会員様の一番と思われる肉牛を

東京食肉市場へ出荷して頂き、枝肉共励会を実施しています。

日清丸紅飼料は会の事務局として活動を支えており、今年で13回目を迎えました。

会員様はすでに2代目様を迎え毎年増え続けており、現在300名を超える程になりました。

回を重ね、会員様からの意向もあり、

昨年から枝肉共励会に加えて秋季講演会を始めました。

養牛生産者が最も気になる話題をテーマに講師の先生をお招きし、

最新の情報を経営に役立てていただいています。

DSC_1035 - 縮小.JPG

1026日(水)に都内で開催された全国霜降り牛研究会の秋季講演会にお伺いしました。

安全で安心して食べられる美味しい牛肉づくりにかける

生産者の方々の熱意に身が引き締まる思いで、皆さまの期待に応えられる

飼料作りをすることが私たちの使命だと改めて感じました。


続きを読む

ブログを開設しました!

投稿日:2016年10月20日

カテゴリ:その他

キーワード:ブログ 日清丸紅飼料

いつも当社のホームページをご覧いただきありがとうございます。
当社の事業活動の中から皆さまのお役にたてる情報などをご紹介するブログを開設しました。

定期的に更新してまいりますのでご期待ください。

リニューアルサイトでは「食文化の一翼を担う企業として」
当社が食卓と密接に関わっていることを紹介しています。

オススメはこちら!

食卓の中の日清丸紅飼料のページ
http://www.mn-feed.com/relationship/

ぜひご覧ください!

pic_blog_detail_01.jpg

続きを読む