日清丸紅飼料のお役立ちブログ

「ハーブ村」WEBサイトをご紹介します

投稿日:2017年10月23日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:ハーブ村、ハーブ豚、ハーブ卵、ハーブ水産物


トップページ下段、
「日清丸紅飼料㈱のお役立ちブログ」の右下に、
豚さんの写真とハーブ村というロゴのアイコンがあることにお気づきでしょうか?
※さすがにこれだけ大きいと気づかないなんてことはありませんよね...

このアイコンをクリックいただくと、
「ハーブ村」という別サイトへつながるようになっています。

アイコン.png


「ハーブ村」WEBサイトの「ハーブ村」とは何だろう?
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

簡単にお話しすると、
1)ハーブ飼料を購入してハーブ畜水産物を生産している生産者
2)ハーブ畜水産物の加工・流通業者
3)ハーブ畜水産物をお使いくださる外食レストラン・小売業者、一般の消費者

とハーブ飼料と開発、製造している日清丸紅飼料㈱をつなぐ取り組みです。

クリックして実際にご覧くださればご理解が早いかと思いますが、
ハーブ飼料で育てた畜産物・水産物を、食べられる・購入できるお店、
育てた生産者のご紹介などを掲載しています。

065.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像 
ハーブ豚のスープカレー


当社は30数年前からハーブ飼料に取り組んでいます。
当社の独自の技術力を使った製品であり、
長年生産者の方々にご使用いただいています。


  ※ハーブ飼料についてはこちらをご覧ください。
   「ハーブ村」WEBサイト「ハーブ村の畜水産物、4つのこだわり」


ハーブ村(文字入り).JPGのサムネイル画像のサムネイル画像                                          
ハーブ村のシンボルマーク



「ハーブ村」の取り組みとして、お役立ちブログ2017年8月29日号
でご紹介したアグリフードEXPO出展などがあります。

「ハーブ村」WEBサイトでは今後も「ハーブ村」に関する記事を掲載し
皆様に情報を発信してまいりますので、更新を楽しみにご期待ください。

1D8_1260.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像 
ハーブうなぎの蒲焼き

続きを読む

多産系種豚PIQUA

投稿日:2017年10月19日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:産子数 PIQUA 母豚


みなさま、こんにちは。
朝晩冷え込むようになりましたが風邪など召されていないでしょうか。
うちは寝るときにしっかり窓を閉めるようになりました。

PIQUAカーテン.JPG

養豚場でも気温差で豚が体調を崩さないように
こまめにカーテンを開け閉めしています。

さて、先日当社情報誌「飼養」の取材で養豚場を訪問したので
今回は母豚についてご紹介します。

PIQUA出産中.JPG
陣痛でいきんでいる母豚(元気な子豚が生まれますように)

母豚の能力指標の一つに産子数があります。
豚は一度に10頭前後を出産しますが、
より多く出産できるように育種改良が進んでいます。

当社子会社の種豚会社
コツワルドジャパン株式会社
種豚「PIQUA」(ピクア)を販売しています。


PIQUA母豚5019.JPG
好奇心旺盛で人懐っこい「PIQUA」

今回訪問した農場では以前から「PIQUA」を試験的に導入しており、
産子数は全国のデータと比較して2~4頭多くなっています。

1産目 14.15頭
2産目 15.42頭
3産目 16.68頭

(2017年9月末集計値)


PIQUA授乳中.JPG
勢い良く乳首に吸い付く子豚たち



「PIQUA」は繁殖能力に優れるとともに
生まれた肉豚は増体がよく
安定した品質の枝肉生産が期待できます。

『お問い合わせ』
 関心のある方は、お近くの当社畜産営業部までご連絡下さい。
   北海道支店畜産営業部  TEL:0134-34-2363
   東北支店畜産営業部    TEL:022-217-9766
   関東支店畜産営業部    TEL:0299-92-4981
   中部支店畜産営業部    TEL:0566-42-2821
   西部支店畜産営業部    TEL:086-444-8121
   北九州支店畜産営業部  TEL:092-433-8210
   南九州支店畜産営業部  TEL:099-269-1661

「PIQUA」の詳細についてはこちらをご覧ください。
コツワルドジャパン株式会社
新商品「PIQUA」のご紹介

PIQUA帽子.JPG

続きを読む

ロール目立て研修会

投稿日:2017年10月10日

カテゴリ:工場関係

キーワード:ロール粉砕機 目立て


皆さん、こんにちは。
朝晩はだいぶ涼しくなってきました。

季節の変わり目で体調を崩されてないでしょうか!?
私は自転車で国道最高地点(標高2,172m)の渋峠に行ってきました。

IMG_0101.jpg

紅葉はまだまだでしたが、頂上からの絶景は最高で機会があれば、
また挑戦したいと思っています。

さて、私達の飼料工場は
『粉砕⇒ふるい分け⇒計量・配合⇒加工』
という行程を経て製品を出荷しています。

※詳しくは下記をご覧ください
「飼料ができるまで」

各行程では様々な製造機械があり、
中でも粉砕工程の機械は重要機械の一つです。

粉砕工程では、主にロール粉砕機、
ハンマー粉砕機の2種類の機械を使用しており、
粉砕粒度や粉砕品によって使い分けています。

ロール粉砕機_3478.JPG
↑当社工場内のロール粉砕機

製造担当者として、9月末に機械メーカーが主催する
ロール粉砕機に関する「ロール目立て研修会」に参加してきました。

そもそもロール粉砕機とは、
速度が違う2本のロールの間を原料が通過することで、
原料を粉砕する機械です。(飼料に限らず、食品や製粉で多用されています。)

ロール粉砕機.jpg
↑ロールにしっかり刻まれた「目」

その2本のロールには「目」と呼ばれる溝が削られており、
求める粒度が細かいほど、「目」の数も多くなっていきます。
またロール摩耗により、「目」の溝が浅くなり、
粉砕が上手くできなくなってしまいます。

その為、定期的に「目」を再度削りなおす
「目立て」を機械メーカーにお願いしています。

IMG_20170928_162427.jpgIMG_20170928_163539.jpgのサムネイル画像(左)ロールに目を刻んでいるところ
(右)削り具合を測定して確認しています


研修会では、「目立て」の実演があり、
40年間目立て技術を磨き上げた熟練作業員の方が
機械を操作する姿は、無駄な動作がなく非常に格好良かったです。

このような技術を持った方々が見えないところで、
何気ない生活を支えており、業種は違えど
飼料製造に関わる人間として、技術を磨いていく必要があると痛感しました。

続きを読む

全国和牛能力共進会

投稿日:2017年10月02日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:全共 全国和牛能力共進会 和牛 宮城 宮城県


みなさまこんにちは!!

全国的に少しずつ秋の訪れを感じますが、
鹿児島はまだまだ暑く、
秋は来るのか?と不安がよぎる今日この頃です。

さて先日、宮城県で行われました
「第11回全国和牛能力共進会」にはるばる鹿児島から行ってきました!!

1.JPG

「全国和牛能力共進会」とは・・・
通称「全共」と呼ばれ、全国の優秀な和牛を5年に一度、
一堂に集めて、改良の成果やその優秀性を競う全国大会のことです。

全国の代表牛約500頭が出品されます。まさに牛業界のオリンピック!!

和牛ブランドの市場価値が全国的に高まるため、
参加道府県にとっては、まさに威信をかけた大会となります。

(>ν</めざせ!金メダル!!

ということで、私が担当するユーザー様の牛が県代表に選ばれ、
応援に駆けつけました。

2.JPG

↑画像が小さく分かりづらいですが、
各道府県代表牛と、観客席いっぱいの応援の人たち。

代表牛が1頭1頭紹介されながらこの会場を歩くのですが、
自分達の道府県の代表牛が出てきた時の
観客席の熱気はすごいものでした。

中には会場の熱気に押され暴れだす牛もいたほどです。

3.JPG

全ての牛が素晴らしい牛で、この中から良い牛なんて選べるの?
と思うほどハイレベルな中、
担当先ユーザー様が好成績を収めることが出来ました!!

この場をお借りしてお祝い申し上げます!! (*'∇')/゚・:*【祝】*:・゚\('∇'*)

実は、この「全共」5年後の2022年は鹿児島で開催されます。
もう私は鹿児島から転勤しているかもしれませんが、
次回開催を楽しみに、

そして次回への戦いはすでに始まっている模様なので、
オリンピック候補の牛を育てるユーザー様のフォローに注力したいと思います!!

4.JPG

食欲の秋!!毎日牛肉を食べて元気出して行きましょう!!

続きを読む

食肉ノススメ

投稿日:2017年09月25日

カテゴリ:その他

キーワード:アミノ酸 タンパク質 牛肉 牛丼 免疫 栄養


もうすぐ10月。
朝晩の気温もだいぶ落ち着いてきて、
秋だな~と感じる日が多くなりました。

この気温差で体調を崩されている方、
秋バテ気味の方も多いのではないでしょうか?

季節の変わり目は免疫力が落ちたり、
体調を崩しやすいと言われていますが、
体調キープの為にもお肉を食べようとお取り寄せしました!

お肉袋あり消し.png
なぜお肉なのかというと、お肉は小麦などの植物性タンパク質に比べて、
免疫機能を高める力があるのです。
(と、学びました・・)

疲労回復効果の高い豚肉にするか。
それともうまみの強い牛肉にするか・・・・

軽く悩んだ結果今回は牛肉に決定!!

お肉に免疫機能を高める力があるといっても、
なんでもバランスよく食べることが重要なのですが、
とくにに欠かせない栄養素がたんぱく質

栄養士.jpg
たんぱく質は身体を構成する
細胞の中で一番多い有機化合物、
私達にとって欠かすことのできない栄養素なのです。
免疫力を高め風邪などの感染症への
抵抗力も高めてくれるそうですよ。

ではなぜ、お肉のたんぱく質が素晴らしいのか?
それはアミノ酸のバランスが素晴らしいのです。

アミノ酸は20種類あるのですが、
私達人間の場合はこのうち9種類の
アミノ酸を体内で合成することが出来ません。
この9種類のアミノ酸を必須アミノ酸といい、
基本的には食品から摂取しなければならないのです。
(必須アミノ酸は省略します。。。)
栄養素.jpg  
この必須アミノ酸がどれだけ
バランスよく含まれているのかを、
数値に表したものがあります。

これをアミノ酸スコアといいます。
アミノ酸スコアが高い=良質なタンパク質
ということになるのですが
アミノ酸スコアが100点満点な食品は
【牛肉・豚肉・鶏肉・鶏卵・牛乳(生乳)・鮭(生)・鯵(生)】です。
(最新栄養科学より)

江戸時代には牛肉を干したものや
味噌漬けが【薬食い】として考案されたり、
儒医学者の香川修徳が

【邦人は獣肉を食わざるが故に虚弱なり】

と肉食を説いたりしたそうです。

良質なたんぱく質が大切なのが良くわかります。
と、前置きが長くなりましたが、
今夜のメニューは知らない人はおそらくいないであろう、
日本でもっとも?庶民的な牛肉料理、

牛丼

平日は時間に余裕もないのでパパッと出来る牛丼にしました。

素材.png薄く切ったたバラ肉を玉ねぎとともにお醤油味で煮込みます。
簡単です。

牛丼は明治20年頃に現れたとされていますが、
当時は牛細切り肉にネギを入れて煮込み、
これをどんぶりに入れたご飯にかけ、
【牛飯ぶっかけ】と言われていたそうです。

ちなみに、牛丼のお供として欠かせないも栄養バランス抜群。
良質なたんぱく質、脂質、ビタミン、無機質もたっぷり。
購入しやすくてとっても身近な栄養食品です。

料理.pngお肉は部位によって味や硬さ、
栄養も異なり調理法によって使い道がいろいろです。
明治時代初期には海軍が牛肉を栄養食として採用したり、
福沢諭吉は幕末の頃から

【牛肉は滋養によい】

食肉ノススメに貢献していたとのこと。

すき焼きVSしゃぶしゃぶ、牛丼VS豚丼、とんかつVSからあげ・・・
お肉の世界は思いのほか奥深いのです。
そして秋こそBBQ。

気候も涼しくなり、紅葉で木々が紅く色づく季節。
この、たんぱく質、無機質たっぷりのお肉を
美味しく食べて免疫力を高めていきたいですね。

お肉消し.png

続きを読む

養殖ウナギの旬は夏!

投稿日:2017年09月12日

カテゴリ:水産飼料事業

キーワード:ウナギ、養殖、旬


突然ですが、ウナギの旬っていつかご存じですか?


うな丼.png

天然ウナギの旬は秋~初冬だと言われています。
この時期は冬眠や産卵を前にウナギがたっぷり餌を食べて
脂をたくさん蓄える時期だからです。

うなぎののぼり.png

暑い夏の日、「土用の丑」ののぼり旗に誘われて、

『よし、今夜はウナギにしよう!』
とテンションMAXの時に、

『でも今はウナギが一番美味しい時期じゃありませんけどね~』
と言われたら少しさびしくなりますよね......

ご安心ください!!!
国産養殖ウナギの旬は夏なのです!

ウナギ調理.jpg


養殖ウナギが一番よく餌を食べる時期って実は春~初夏なんです。
養鰻家の方々は経験的に、
養殖ウナギは日長時間が長い時期の方が餌をよく食べること、
逆に日長が短い時期には餌食いが落ちることを知っています。

冬が終わり太陽の光が春めいてきた頃から夏の土用丑にかけての時期は、
養殖ウナギがテンションMAXの時期と言っても過言ではありません。
つまり、養殖ウナギは夏こそ脂がのって美味しくなっている時期なのです!

市場のウナギの99%以上は養殖ウナギと言われていますし、
やはり夏の気配を感じるにつれ、
"今年も夏を盛り上げるのは養鰻家の俺達だ!"
と現場は活気付きます。

白焼き.png

というわけで夏場の養殖ウナギはたっぷり餌を食べて
身も皮も柔らかくてジューシーなのが特徴ですが、
そんな時期にこそおススメしたい食べ方が
『白焼き』です!

外はカリっと中はジューシーに焼き上げられたウナギを生姜醤油で......
ビールにも日本酒にもあう最高のおつまみになります。

d06fc5b2363425d804c27f89c592f577_s.jpg

養殖ウナギは年中美味しいとよく言われますが、
やはり「土用の丑の日」を含む夏は、
日本人にとってもウナギにとっても特別な時期です。
旬の国産養殖ウナギを心置きおきなくご堪能ください!

続きを読む

中国の新四大発明の一つ、シェア自転車

投稿日:2017年09月04日

カテゴリ:海外事業

キーワード:シェア自転車 中国


古代中国の四大発明といえば、羅針盤、火薬、紙、印刷ですが、
現在中国の新四大発明(※一帯一路20カ国の青年による投票で選ばれたらしい)
と言われているのが下記の4つ。

1)高速鉄道
2)支付宝(ネットによる電子決済サービス)※屋台でも利用可
3)シェア自転車
4)淘宝(ネットショッピングWebサイト)

この中で、とにかく便利の一言に尽きる

シェア自転車

をご紹介します。

黄色い自転車.jpg

シェア自転車とは、文字通り自転車を皆でシェアしましょうというもの。
以前より、国営のシェア自転車は存在していますが、
自転車そのものがいまいちで、指定場所への返却が必要でやや不便。

乗り捨て自転車(黄色).jpg

乗り捨て自転車(オレンジ)商店街.jpg

今回ご紹介するシェア自転車は、なんと乗り捨て可!
それも、どこに乗り捨てても構わない!!
その辺の道端はもちろん、町の真ん中であろうと家の前であろうと、
駐輪禁止区域以外は何処に乗り捨てても基本Ok。

スマホ画面.png

更に凄いのが、自転車に乗りたい時、スマホのソフトを使用して検索すると、
周囲のどこにどれだけ自転車が存在するかが一目瞭然。

使用方法も簡単で、自転車に付いているQRコードをスマホで読み取るだけ
スキャンすると"ピー"という電子音と同時に、
"カシャッ"という錠が外れる心地良い音が響き、準備完了。

531964.jpg

乗り終ったら、好きな所に自転車を止めて施錠するだけ。
施錠と同時にやはり電子音が鳴り、サービス終了となります。

乗り心地もまずまずで見た目もなかなかかっこいい。
現在、厦門には民間の3会社がこのサービスを運営している模様で、
各社それぞれ白、オレンジ、黄色と、色をトレードマークとしています。

オレンジの自転車.jpg

ちなみに小職はオレンジ色の会社の自転車に登録して利用しています。

このシェア自転車を利用するには、先ずソフトをスマホにダウンロードし、
スマホで保証金100~300元を支払えば完了です。
その日から利用可能です。
通常、30分~1時間利用して1元(約16円)と安い!

人民元.jpg

現在私も、毎日利用させてもらってます。

最も驚くべきは、その普及の早さです。
最近かっこいい自転車が街中に増えてきたなと思っていたら
今では、街中シェア自転車だらけ。

私の感覚では、半年足らずで一気に広がったといった所でしょうか。
壊れて、文字通り乗り捨てられた自転車も多く見かけますが、
壊れにくいように自転車の型もどんどん変わっています。

中国のスピード感には本当に驚いてしまいます。
中国に行かれる際は是非活用してみてはいかがでしょうか。

続きを読む

第12回アグリフードEXPO東京2017に出展しました!

投稿日:2017年08月29日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:アグリフードEXPO東京 ハーブ豚


皆さま、こんにちは!
8月23日・24日にアグリフードEXPO東京2017にハーブ豚を出展しました。

このイベントは国内の農業者や食品メーカーが
バイヤーとの商談の機会を設けることを目的に開催されるものです。
様々な農産物、畜産物のブースが出展していて大変な賑わいでした。

2017アグリフード受付 20170824_100907558 ○.jpg

2017アグリフードブース0824_101323807.jpg

2017アグリフードショーケース全体0824_101339094.jpg

ブースでは来場された方に、当社のブランド豚である
ハーブ豚のしゃぶしゃぶと特製のチャーシューを試食していただきました。

2017アグリフード試食用DSC_3973 ○.JPG

2017アグリフードチャーシューDSC_3909 ○.JPG

試食された方から

・甘みがあっておいしい
・あっさりしている
・冷めてもおいしい

とのご意見を多く頂戴しました。

また、ありがたいことに、

・どこで購入できるの?

というご質問もいただきましたので
都内で取り扱っているお店をご紹介します。


初音さん店舗.png
銀座初音 (松屋銀座地下2階 食品売り場)
東京都中央区銀座3-6-1松屋B2


当社のブースにお立ち寄りくださった皆さまに
心より御礼申し上げます。

当社ではハーブ畜水産物の
認知と拡販を目指して今後も活動してまいります。

2017アグリフードパンフDSC_3927 ○.JPG

ハーブ豚についてはハーブ村のホームページをご覧ください。

続きを読む

豚舎の夏場対策について

投稿日:2017年08月17日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:豚 豚舎 夏 暑さ 温度


皆さま、いかが夏をお過ごしでしょうか?

IMG_0359.JPG

30
℃を超える日々、むせ返るような湿気、蝉の声......
私は涼しさを求める日々を過ごしております。

さて、人が夏の暑さに参ってしまい、
体調を崩してしまうことが多々あると思われますが、
それは人だけではなく、
牛や豚、鶏も同じく、暑さに負けてしまいます。

例えば

・暑さで食欲低下

→体が大きくならない、卵を産まない、母乳が出ない...などなど

・熱中症

→最悪死に至る場合もあります

・餌を食べず、水ばかり飲んでしまう

→水ばかり飲んでしまい、餌を食べられず体調不良、
お腹を壊してしまい、下痢の原因となってしまう

水道.jpg

以上のような問題が起きてしまうため、
農家ごとに様々な対策を講じて夏を乗り切っています。
今回は豚に注目して考えたいと思います。

養豚場によって畜舎の構造はさまざま!

→畜舎の種別ごとに夏場の対策は変わってくるのだろうか?



畜舎は大まかに分けて2種類に分けられます。
ウィンドレス式、開放式2
各種に目を向けて考察しました!

〇ウィンドレス豚舎の場合

ウィンドレス豚舎では、窓のない密閉空間の為、
温度管理などは換気扇と入気口でコントロールします。
しかしそれだけでは限界があり、
外気の暖かい空気が入ると、畜舎内の温度も上昇します。

空調が完備されているとは言え温度の上昇は避けられません。


Q.では畜舎内の温度を下げるには、
  豚が快適に過ごせるにはどうしたらいい?

A.豚に直接冷たい物を食べさせる!

A.入気口の入り口にクーリングパッドを設置し、空気を冷やす!

A.風速を高めるために換気量を増やす!

などなど......
様々なアイデアで暑い夏を乗り切ろうと工夫が成されています。

IMG_0344.JPG

この氷はとある農場で実際に豚に
与えるために製氷・砕氷されたものです。
通常の肥育豚や母豚に与えて、
ヒートストレスを緩和させる狙いがあります。

特に母豚にはサプリメント(ビタミン類等)を混ぜ、
栄養補給もかねて給与します。
ストレスがかかってしまうと農場の
成績が悪くなってしまうため、
より気を使った管理が重要となるそうです。

〇開放豚舎の場合

開放豚舎にはカーテンがついており、
カーテンの開け閉めで豚舎内の温度や湿度をコントロールします。

しかし!

換気を行うためカーテンを開けると夏の強い日差しが入り、
場合によっては豚に直射日光が当たってしまいます。

ウィンドレス豚舎に比べ、換気は楽であるが、
ダイレクトに外気温となってしまう為、
真夏の場合30℃を優に超えてしまうことも......。


Q.環境が直接的な開放豚舎では、どのように環境を快適にする?

A.日差しの入る箇所にすだれ(寒冷紗、遮光ネット)を掛け、
  直接日差しが入るのを防ぐ!

A.掛けたすだれに水を流し、入る空気を冷ます!

A.窓(カーテン)を全開にし、豚に水を撒く!

IMG_0364.JPG

↑開放式畜舎の窓を常に開け、すだれを掛けている様子

IMG_0368.jpg

↑凍らせたペットボトルをぶら下げ、
冷たい水が豚にかかるようにしている

などなど、ウィンドレス豚舎と同じく、
各農家さんでアイデアを出し、
その地域・環境・畜舎に合わせた環境作りを行っています!


また環境改善の他に、豚が夏バテを起こさないように
食べる飼料にも気を使う方が多いと感じます。

成績の落ち込みやすい夏場から秋口にかけて
母豚や雄豚は暑さのストレスで受胎しにくくなったり、
精子の量が少なくなったり出さなくなったりと、
様々な問題が起きてしまいます。

その為、飼料に添加剤を混ぜて、
体の内側から夏場対策を行うことも効果的です。

当社ではそのような添加剤(ミックス製品)を数多く取り扱っています。

SS種豚ミックス知多-546.jpg

種豚(母豚用)では、ミネラルやアミノ酸、
ビタミンなど暑さで食下量が落ち込み、
不足しがちな栄養分を補う

SS種豚ミックス」


雄豚の友‐229.jpg

雄豚用では、豚の活力向上のためにガーリック粉末や、
造精能力向上の為に亜鉛を補う

「雄豚の友」

等の各種ミックス、ご用意されています!
是非ご興味・ご用命の際は各支店までご連絡ください!

自然環境と飼料、二つの観点からこの暑い時期を、
お客様と二人三脚で乗り切れるよう
様々な角度から提案させていただいております。

うだる様な暑い日々が続いておりますが、
夏バテ予防に効果的なビタミンB1を豊富に
含んだ豚肉をたくさん食べて、
豚肉パワーで元気いっぱい!
残りわずかな夏を楽しみましょう!

続きを読む

第12回アグリフードEXPO東京2017に出展します!

投稿日:2017年08月08日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:アグリフード ハーブ豚


皆さま、こんにちは!
当社のブランドであるハーブ畜水産物のPRを目的として
8月23日・24日にアグリフードEXPO東京2017に出展します。

◆◆
第12回アグリフードEXPO東京2017

開催日時 : 2017年8月23日(水)10:00~17:00
           8月24日(木)10:00~16:00
会場 : 東京ビッグサイト 東6ホール
主催 : 日本政策金融公庫
URL  : https://www.agri-foodexpo.com/

アグリフードブース.JPG
昨年の展示ブース
◆◆

このイベントは農業者や食品メーカーが
バイヤーとの商談の機会を設けることを目的に開催され
昨年は約14,000人が来場しました。

当社は2014年から出展し、今年で4回目を迎えます。

2015アグリフードショーケース.JPG

ハーブ豚のおいしさを知っていただけるよう
今年も試食を行う予定です。

ハーブ豚は、肥育期にオレガノ、シナモン、ジンジャー、ナツメグを
給餌して育てた、あっさりした甘みのある肉質が特長です。

多くの方に召し上がっていただけるよう準備していますので
ご来場の際にはぜひお立ち寄りください!
スタッフ一同お待ちしています!!

2015アグリフードパンフ.JPG

ハーブ豚をはじめとするハーブ畜水産物については
ハーブ村ホームページをご覧ください。

続きを読む

新入社員研修から学んだこと

投稿日:2017年07月31日

カテゴリ:その他

キーワード:農場研修 新入社員研修 事業所研修


みなさん、こんにちは。
毎日、気温が30℃を超える厳しい暑さが続き、まさに夏ですね!

真夏.jpg

そんな暑さにも負けず、私たち新入社員の研修は
無事終わりを迎えました。

私たちは4月からの研修で
本社、事業所、農場と様々な場所を回り、
知識だけではなく、多くの発見と気づきを得ることができました。


≪事業所研修≫

工場の生産規模に驚いたり、営業の方に同行して
「営業とは何か?」など様々なことを教えていただきました。
今まで自分がイメージしていた営業活動とは
異なる場面もあり、最初は疑問に感じました。

「営業に必要なのは相手の求めに気づけるかだ」

その考えに基づいての営業活動なのだ、と知って
自分もいつか教えてくれた先輩のようになりたいと思いました。

鹿児島工場.JPG


≪農場研修≫


養豚場と養鶏場に分かれ、そこでは私たちが販売した飼料が
どのように使われているか、や
飼料に対する現場の方の感想を伺うことができました。

自分たちの飼料で発育が改善された、
と聞くと心から嬉しかったです!

豚は自分の体調を話してくれるわけでもないですし、
豚のペースに合わせて、
動物を相手に仕事をすることの大変さを
知ることができる貴重な機会となりました。

授乳.jpg
授乳中の様子

子豚の移動.JPG
子豚の移動作業

白衣.jpg
母豚の背脂肪圧測定

4か月間の研修の間で様々な現場の方とお話しして、
私たちに求められているのは

「お客様の利益を親身に考える姿勢」

なのだと気づきました。

また、同期と4か月間楽しいことや大変なことを
共に経験し乗り越える中で、
同期との絆を深めることもできました。

研修が終わり、私たちはそれぞれの配属先に向かいます。
配属先でもお客様と共に歩んでいける社員になれるよう
頑張っていきたいと思っていますので、
私たち新入社員一同をどうぞよろしくお願いします!

続きを読む

厦門 新オフィスに引っ越し

投稿日:2017年07月27日

カテゴリ:海外事業

キーワード:厦門 引越し 事務所


2017年7月14日、日清丸紅飼料株式会社厦門代表所はオフィスを移転しました。
新オフィスは61㎡で3名としては広々しており、
明るく見晴らしも良い、非常に快適なオフィスです。

アモイ窓の景色.png
↑窓の外の風景。前方の島は7月8日に世界文化遺産として
新規登録された『コロンス島』

厦門に駐在事務所を開設してから約2年。
徐々に仕事の範囲が広がって、社内外からのお客様も増え、
オフィスが手狭になってきたと感じておりました。

そのような時に、現在間借りしている事務所の一つ置いて
隣の部屋が空いているのを発見。
広さも適当で、願っても無い物件であると思い
すぐに大家と賃貸交渉を開始しました。

銀行ビル.JPG

アモイ入り口.jpg

ある日、

『引越前に、新しい事務所でちゃんと登記できるかどうかを確認した方が良い』

と助言をいただきました。登記できる物件であることを
確認の上でこの件進めているので、最初は

???

と思いましたが、

『その物件に、前の会社がまだ登記を残している可能性がある。
その会社が登記を外すことを拒否したり、
その会社自体と連絡取れない場合は面倒な事になる』

という話でした。
慌てて大家に確認した所、案の定、前の会社の登記が残っているとの回答。
直ぐに登記を外すように大家に要請し、了解が得られ、安心しておりました。

が、1~2週間経過しても、まだ前の会社の登記が外れておらず、
代表処の登記ができない事態に

最終的には社員が厦門の税務局まで行って
やっと前の会社の登記が外れている事の確認ができた次第。

一番大事な事がこのようにスコーンと抜け落ちており
まさかと思う事も確認しなければ大変な事になると
身をもって学んだと言うわけです。

ともあれ、大家との賃貸契約も無事?終了し、引越しが完了しました。

デスクの奥は会議室.jpg
↑デスクの奥は会議室

いい会議が出来そう.jpg
↑広くてきれい。いい会議ができそう

新オフィス住所 
福建省厦門市厦禾路189号 銀行中心ビル 2302B

表札.jpg
新オフィスの表札プレート

お待ちしてます - 小.jpg

皆様も一度厦門へお越し下さい。お待ちしています!

続きを読む

JV工場でのISO22000取得

投稿日:2017年07月19日

カテゴリ:ISO

キーワード:とかち飼料 ジョイントベンチャー 釜石飼料 西日本飼料 ISO22000 JV 八代飼料


皆様、こんにちは。
そろそろ西日本では梅雨明け、夏も本番ですね。
暑さに負けず、張り切っていきましょう!

さて、当社は日々さまざまな飼料を製造・販売していますが、
ご存知のとおり、当社飼料のすべてが
自社工場で製造されているわけではありません。

いろいろな理由から

ジョイントベンチャー(JV)工場

など、同業他社に製造を委託しているものもあります。
そんなJV工場について、最近嬉しいお知らせがありました。

当社HPのニュース&インフォメーション2017年4月トピックスにて既に
お知らせしたとおり、当社の主要JV工場4社全て

ISO22000の認証を取得

されたのです!


八代飼料(2016.4.18取得)       西日本飼料(2016.12.20取得)
   1.八代飼料.JPG6.西日本飼料.JPG     



釜石飼料
(2017.4.24取得)       とかち飼料(2017.4.24取得)
3.釜石飼料外観①20160915.JPG   1.とかち飼料.JPG

飼料安全マネジメントシステムの構築にあたっては、
飼料安全方針の社内への周知など、
ISOの取組み初期ならではのご苦労もあったとうかがっています。

当社も2013年にISO22000の認証を取得していますが、
飼料の安全を守るには当社ひとり頑張っても充分ではなく、
飼料製造を受託してくださる各JV工場のご協力が必要不可欠です

今回の認証取得、あらためてお祝いとお礼を申し上げます。


さあ、これで当社の主要4JV工場のISO認証が完了しました。
今日も安全な飼料製品をお客様にお届けするため、

原料・包材の仕入
飼料の製造
保管
輸送

などの各工程に、製造委託先以外にも
実にさまざまな協力企業が関わり、
ご助力くださっています。

これからもISOなどの飼料安全の取り組みを、どんどん広げていきます!
そのような一連の取り組みが花開くよう祈念しつつ、
JV各社の所在地の市花、町花をご紹介して終わります。


左:八代飼料(株)の所在する八代市の市花、「桜」
右:西日本飼料(株)の所在する倉敷市の市花、「ふじ」
桜_640.jpg  ふじ_640.jpg  

左:釜石飼料(株)の所在する釜石市の市花、「はまゆり」
右:とかち飼料(株)の所在する広尾町の町花、「つつじ」
ハマユリ(スカシユリ)_640.jpg    つつじ_640.jpg

続きを読む

チチハル滞在記 その4(番外編)

投稿日:2017年07月03日

カテゴリ:海外事業

キーワード:チチハル 防疫 検疫所


みなさんこんにちは!
中国黒竜江省のチチハルの気温は約30℃。
ついに日本に追いつきましたね!

ただ、湿度は今の時期の東京が70%近くであるのに対し、
チチハルはなんと、その半分以下です。
風通しの良い部屋だと、クーラー無しでも快適です。

今回は趣向を変えて、出張の準備についてご紹介したいと思います。

出張スーツケース.jpg

出張の準備。。。と聞いて、皆さんこう思うかもしれません。
「着替えとアメニティセットがあればいいんじゃない?」

確かにその通りです。
しかしそれに加えて、気をつけるべき非常に大切なことがあるのです。

それは海外の、畜産現場に行く、という事。
それでは出張時に注意すべきトップ3を発表します。



第3位
「ネット環境の確保」

スマホ.jpg

海外で携帯電話を使うと、
高額な料金が発生することは皆さん周知かと思います。

2~3日の旅行であれば、ローミングをオフにし、
世の中の喧騒を離れ、、、なんてのも悪くないかもしれません。
しかし、仕事だとそうもいかないのが辛いところ。
世に言うホウレンソウが非常に大切です。

なので当社はWi-fiレンタル会社と契約して、
渡航先に応じたルーターをレンタルしています。
これでどこにいても安心して連絡がとれますね!

注意点は、日本と同じく山中や田舎に行くと、
Wi-fiですら電波を拾わない場合が有ることです。
皆さんも旅行でレンタルする際は
よく相談してから借りるように注意して下さいね。



第2位
「常備薬の準備」

薬の写真.jpg

服、歯ブラシ、石けん、シャンプー、、、
必要なものはいろいろありますが、薬を第2位としました。
なぜか。服とかアメニティセットは、現地調達が簡単にできるからです。

もちろん薬も売ってます。
が、店頭に並んでいる薬を見ても(文字が読めないと)
用法用量が分からないのです!

これに対し服はどう見ても服、歯ブラシはどう見ても歯ブラシです。
現地で焦らないよう、一通りの薬は準備必須です。



第1位
「防疫体制を完璧にする」

到着ロビー.jpg

皆さん国際空港の入国ゲートには、
必ず

検疫所

があるのをご存じですか?

また、日本へ帰る際の機内で、
「農場に入られた方は入国の際、検疫所へお立ち寄り下さい~」
とアナウンスされている事をご存じでしょうか?

検疫所は人や物資が世界中を移動可能になった今、
生態系を大いに乱す可能性のある
植物・食糧・生物(特に病原体)の移動を阻止する為に設置されています。
特定の条件に該当する渡航者はここで、消毒などの必要な処置を受けます。

手kirei.jpg

この

防疫体制

は我々、畜産業界に関わる人間としては最も注意しなければなりません
なので私は万全を期して
出張前には滞在期間に必要な衣類を毎月購入し、
出張の度に現地で破棄しています。

病原菌が衣類などに付着し、
国内へ持ち込む事を防ぐためです。
そうやって一人一人が防疫の意識を持つことが、
最大の防疫対策なのかもしれませんね。

ただ、靴だけは現地で購入しています。
安い(200円くらい)ので!!!
ちなみに今月はadidousなる靴を購入しました。

以上、チチハル滞在記の番外編でした!

出張セット.jpg

続きを読む

薩摩の黒毛和牛を味わう

投稿日:2017年06月16日

カテゴリ:その他

キーワード:クリ 薩摩丹田 黒毛和牛


みなさまこんにちは!
関東では梅雨入りして小雨の日が多く
なんとなく気が晴れないこのごろです。

乾杯.jpg

そんな天気を吹き飛ばそう!!
と職場の若手社員を中心に
飲み会を開催しました。

丹田2.JPG

向かった先は「薩摩丹田 門前仲町店」。
このお店は当社のお客様が経営している焼肉店で
上質な黒毛和牛をリーズナブルにいただくことができます。

丹田3.JPG

丹田4.JPG

黒毛和牛の「クリ
みなさま聞いたことがありますでしょうか?

クリ

とは牛の肩から前脚上部あたりの肉で
1頭からわずかしか取れない希少部位です。

蛋白質が多くてうまみが強く、柔らかいのが特徴です。
形が栗に似ていることから

クリ

と呼ばれるようになったそうですよ。
別名、腕三角とも呼ばれます。
牛肉の部位名は変わった名称が多いですね。

さっと表面を炙っていただきます。
厚みがあるのにとっても柔らかいです。
ほどよいサシで上品な甘みがじゅわ~と広がります。

丹田5.JPG

レバーやマルチョウなどのホルモンもたまらない美味しさ!
鹿児島から直送されているから新鮮なんだそうです。

美味しい焼肉が食べたい!
そんなときは、ぜひ「薩摩丹田」に足をお運びください。


丹田ロゴ.png

続きを読む