今後の世界人口の増加と開発途上国の経済発展に伴う所得の向上で、畜産物を中心に食料需要の増加が見込まれている中、飼料原料は世界の穀物生産や水産資源の動向に大きく影響を受けます。我が国は飼料原料の大半を輸入に頼っておりますので、国際的な食料需要の増加と原料供給のバランスを注視していきたいと考えております。国内におきましては多国間の経済連携協定による関税撤廃、加速する人口減少、労働力不足など多様な局面に直面しています。また、食の安全に対する消費者の意識は引き続き高く、今後も高度な食の安全・安心を求められます。
 このように変わる環境に柔軟に対応できるように全社員一丸となって知恵を絞り、汗を流し、常にお客さまとの親密な対話を通して様々な課題に積極的に取り組みたいと思います。当社の標語「食の絆を未来へ」に込めました思いは安全・安心で良質な飼料を最適な形でお客さまにご提案し「食品の安全性の確保」に寄与することです。私どもはこれからも皆さまが情熱を注ぎ生産された安全で美味しく素晴らしい畜産物、水産物の消費拡大と日本の食文化発展のお役に立ちたいと考えております。

代表取締役社長
水本 圭昭
MIZUMOTO YOSHIAKI