日清丸紅飼料のお役立ちブログ

「5月5日はこどもの日、だけじゃない!?」

投稿日:2018年05月01日

カテゴリ:畜産飼料事業

キーワード:5月5日 うずら うずらの日 日本養鶉協会


いよいよゴールデンウィーク直前となりました!
みなさんのご予定は・・・?!

連休中の5月5日は・・・ごともの日、ですね。
さて、本日はこの「5月5日」が別の記念日でもあることをご紹介させてください!

うずら3.jpg
おや?このかわいい子達は誰でしょう・・・
そう、うずらです!!


実は、昨年春に5月5日『うずらの日』として念日登録されました!
そしてこの登録を申請されたのが、日本養鶉協会です。
当協会は、全国各地でうずらを飼養する養鶉(ようじゅん)
農家の方々から構成される団体です。

【記念日登録証】
うずらの日 記念日登録証.pngのサムネイル画像
日本養鶉協会の皆様、記念日認定おめでとうございます!!

はて?

でもなぜ5月5日

と思われた方、日本養鶉協会が挙げている理由いくつかあります。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

◆ 5月は陰暦で『鶉月(うずらづき)』と呼ばれる

◆ 戦国時代の武将が、
  ウズラの鳴き声を『御吉兆(ごきっちょう)』と聴き取り、
  その縁起の良い声を聴いて出陣したとの言い伝えが残っている

◆ その鳴き声は希望や明るい未来も連想させ男子の成長を祈る
  端午の節句にふさわしい

◆ 『御吉兆』を『5吉兆』と読むと、5が重なる5月5日はまさに
  吉兆(よいこと、めでたいこと)が重なるめでたい日になる

◆ 若(武)者に対し吉兆は「待つのではなく、自らつかみに行け!」 
  との思いから「GO」と「5」を掛けた

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


なるほど!

鳴き声と縁起の良さをかけてうまれた記念日なのですね。
あれ、でもうずらの鳴き声って聞いたことない、と思った方
ぜひインターネットで「うずら 鳴き声」と検索してみてください!
※ごきっちょう、と聞こえるかは人それぞれですが...


うずらは日本人が家禽化し世界に広まったと言われており、
うずら産業を後世に繋げてゆくためにも
「もっともっと、うずらを知っていただきたい」
との想いから日本養鶉協会は、今回の申請に至ったとのことです。


当協会の本木会長は

「うずらの卵は一般的にビタミンB12や鉄分をはじめ
栄養価の高い成分が多く含まれ食べやすいサイズの為、
良質なタンパク源・栄養源を手軽に摂取できます。


今後記念日がイベントとして機能し、
業界関係者が携わる催しを将来的には作りたい

と記念日認定に対する想いを語ってくださいました。


栄養価が高いうずらの卵
串揚げも美味しいですよね♫
くし勝.jpgのサムネイル画像

冷たいお蕎麦に添えてあるのもいいですね~

おっと食べ物の話になるとついつい・・


小さなうずらの卵ですが、栄養はバッチリ!
皆さんも、うずらの卵を食べて元気に5月を過ごしましょー!!

一覧へ戻る