日清丸紅飼料のお役立ちブログ

近大マグロを味わう

投稿日:2017年11月13日

カテゴリ:水産飼料事業

キーワード:近畿大学水産研究所銀座店 近大マグロ


今回は当社の飼料を使って育った養殖マグロを提供して下さる
近畿大学水産研究所銀座店に行ってまいりました。

近畿大学は不可能と言われたクロマグロの完全養殖を
2002年に成功させた養殖のパイオニアです。

エントランス-thumb-autox400-830 - コピー.jpg

その近畿大学が社会に対して
率先して養殖魚の価値をアピールしたいと考え、
出店したのがこの近畿大学水産研究所です。
銀座店は、都会の中心の非常に賑わった所にあり、
入口には高級感が漂っています。

2階に上がると、ロゴ入りの立派なのれんと、
ショーケースに入ったマグロが出迎えてくれます。

マグロ頭.JPGのサムネイル画像
(マグロには生まれた時期や場所など履歴書が添えてありました。)

ちなみに、店舗のロゴは「海のダイヤモンド」と呼ばれる
クロマグロをイメージしているそうです。
ここでは近畿大学が和歌山県の白浜や
串本・大島、浦神、そして奄美大島を中心として、
生簀で育てた新鮮な魚を提供してくれます。

魚の育て方はもちろん、出荷に至るまでの
処理や鮮度を保つ為の流通にも
こだわりがあるとお店の方に伺いました。
また、店内では生産現場の様子を映した
プロモーションビデオが流れていました。

本日は近大卒の魚と熊野牛の
『熊野~kumano~』
というコースをいただきました。

中でも近大マグロ近大選抜鮮魚


近大お刺身DSC_5253○.JPG
お造り盛り合わせ

近大湯葉1113.JPG
近大マグロと長芋の湯葉巻揚げ

近大寿司1113-B.JPG
近大選抜鮮魚の握り寿司は絶品

口の中でとろけるようでした。
他にも清まし汁の若布(わかめ)など、
食材の一つ一つにこだわりがあり、
他では味わえないような
風味と味わいを楽しむことができました。

最後に店長さんにお話をお伺いしたところ、
店長さんはお客さんに美味しい魚を提供する為に、
ご自身が和歌山県の養殖場で研修し、
生産工程を学ばれているのだとか。

また、最後に
「当社が安定した飼料を提供してくれているおかげで、
品質の良い美味しい養殖魚を提供出来ている」
とのコメントを頂きました。

生産者と飼料メーカー、
日本の食文化を担うものとして共に協力し、
盛り上げていきたいものです。

最後になりましたが、取材にご協力頂きました
近畿大学水産研究所銀座店の皆様、
貴重なお時間を割いて頂き、誠にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

一覧へ戻る