心配りで築く信頼その上に商売が成り立つ

掲載日:2017-01-30

入社から現在までの仕事内容

私は2010年に入社後、新入社員研修を経て中部水産営業部に配属、1年半後に九州水産営業部に転勤し主に鰻用飼料の販売営業を担当しています。営業活動の中ではお客様を訪問し、飼料の提案・飼育のアドバイス等を行っています。
日々の営業活動を通じて信頼関係を構築し顧客先である養殖業者に欠かせないパートナーとなり飼料販売につなげられるよう心掛けています。当社の水産営業は人と関わることはもちろん多いですが、生き物と関わる機会が多いのが大きな特徴です。

飼料業界を志望した理由

子供の頃から生き物が大好だったので仕事の中で生物と関わることのできる飼料業界を志望しました。
就職活動当初は飼料業界について全く知りませんでしたが、生物に関わることができる仕事を探す中で飼料業界を志望するようになりました。
飼料業界では他社からも内定を頂きましたが、水産用飼料トップメーカーである当社で活躍したいと考え入社しました。
現在入社7年目ですが当時の決断には後悔はありません!

営業の醍醐味

営業の醍醐味は人との出会いが多いことだと思います。一代で大企業を立ち上げた大人物、お金持ちの方、(根は優しいのかもしれませんが)とにかく怖い人、優しい人、面白い人などなど。日常生活では絶対に会えない人と巡り合ってたくさんの貴重な経験をすることができます。
もちろん営業活動には辛いことは付き物で毎日楽しいことばかりではありませんが、お客様から感謝の言葉を掛けてもらえたときには頑張って良かったと感じます。
特に「日清丸紅飼料の餌を使ってから調子良いよ!」や「榎本君のアドバイス通りにしたら良くなったよ!」など会社や自分の行動が評価されたときに大きな喜びを感じます。
日々変化があるところが営業の大変な点でもあり、面白い点でもあると思います。

尊敬する上司

私には入社以来お世話になっている上司がいます。それは九州水産営業部の川床部長です。
入社時の所属長でもあり、入社直後は社会人としての生活・社内での常識、その後も仕事の進め方・顧客対応の姿勢を指導してくれました。仕事では厳しい面もありますが、オフには他部署の社員も誘ってゴルフ、テニスや飲み会等を企画して下さって会社に馴染みやすくしてくれました。また、私のプライベートのことでも自分のことのように気にかけてくれる人情味あふれる方です。
川床部長が率先して部下とコミュニケーションを取ってくださるおかげで、部員は一体感を持って仕事に取り組むことができます。
論理的で筋の通った考え方や戦略はもちろん、部下が安心してついて来る、川床部長のようなリーダーになれるように日々努力しています。

川床部長から見た榎本さん

榎本君は、職務態度が真摯でお客様からも好感を持たれており、社内でも関係者とコミュニケーションを図りながら仕事を進めています。
上下関係や他人事に無頓著な社員もいますが、周りに対する目配り気配りが良くできており、後輩に対して模範となる社員だと感じています。
これまでの業務のほとんどがウナギであることから、水産の主力魚種である海産魚についてもっと勉強してもらうことが、将来幹部社員として成長してもらう条件となってくるし、そうなってもらいたいと期待しています。

九州水産営業部 部長
川床真一

当社を志望する方へのメッセージ

就職活動中は合否に一喜一憂し、同期の動向が気になるものです。私も食品業界、飼料業界をメインに多くの会社の入社試験を受けました。最初の頃は不合格の知らせに落ち込むこともありましたが、当社に巡り合い無事に社会人となることができました。目標の会社が不合格となっても自分の能力が無かったと嘆くのではなく、不合格を糧とした上で相性が合わなかったと次に向かって切り替える精神力も大切だと思います。
是非、努力を惜しまず自分と相性の合う会社を一生懸命探してたくましい社会人になって下さい!

先輩紹介一覧へ